2012年01月25日

親知らずを抜歯

今日も寒いですね。
昨日今日と晴れていたので、雪もすっかり溶けて歩くのも安心になりました。

今年に入り歯医者で検診していただいたところ、右下にある親知らずに少し虫歯が。。。
そのままでも生活に支障はないけど、いずれ処置をしないと、という問いが先生からあり、いずれ処置をするならば今やってしまった方が良いと即決して、昨日抜歯してきました。

真横(水平)に親知らずが生えていたので、切除する手術になりました。
先生から手術前に「お気持ちにかわりはありませんか?」と最後の決断を聞かれ、全く迷いが無かったので「お願いします」と一言告げて、診察席に座りました。
直前になって止める人もいるそうなので必ず聞いてくれるそうです。
それほど歯科では大変な手術なんですね。

心境は手術するのが怖いとか痛いのかな?といった不安は無かったのですが、どれくらいの時間がかかるのかが少し気になっていました。
というのも、口を長く開けているのがとても下手で、虫歯の治療の時にもっと大きく開けてくださいと先生に良く言われていたから。

そうこうしている間に麻酔をかけると右下の方がビリビリとしてきました。
麻酔にかかりやすい体質っぽいです。。。

その後は顔にタオル?をかけてくれていたので目を開けていた訳ではないのでどのような処理がなされていたのかは不明でしたが、15〜20分くらいで手術が終わったと思います。

歯を切除するため歯茎?の肉を少し切ったので6針ほど塗ってくれました。
どの行程も麻酔が効いているので痛みは全く無かったです。

その後しばらくして右下が腫れ上がり、おたふくみたいです。
想像をはるかに超えた盛り上がり。
今日で抜歯後2日目になりましたが、腫れは治まっていません。
3〜4日はこの状態が続くのが普通だそうです。

食べる時に口を大きく開けられないのが少しやっかいですが、今しかできない体験だと思って楽しもうと思います☆
親知らずに虫歯がある方は早めの処置を。
その方が麻酔の効きも良いし、隣接している歯にも影響されないので是非!
posted by kun at 22:56| 東京 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/248493706

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。